世界でやす。

Twitter ~ https://twitter.com/njamena1

〚ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記〛ごった煮映画

歴史学者ベンのもとに古美術商のウィルキンソンが訪れる。彼がベンに見せたのはリンカーン大統領暗殺事件の犯人ジョン・ウィルクス・ブースの日記の失われた18ページだった。なんとそこにはベンの祖先が暗殺事件に関与していたという記録が残っていた。ベンは、歴史的な遺産に隠された数々の暗号を解読しながら、一族にきせられた汚名を晴らすべく真相の究明に奔走する。wiki引用

色々なものを詰め込みすぎです。金曜ロードショーとかでやったり、普段映画を観ない人なら、まあアリです。☆は3点です。

まず具材がごちゃ混ぜなんですよ。科学反応を起こしてたらそれでもいいんですけど、それもなく、そりゃ混ぜたらまあまあの味にはなるやろなって感じです。美術館の機械のセキュリティに侵入したり、カーチェイスしたり、ホワイトハウスや大統領のパーティに忍び込んだり、遺跡を探検したり、すごいごちゃ混ぜです。こうなると映画の個性は完全に死にますね。

ちょっと笑ったのが、大統領室にある重要な手がかりを手に入れるためにホワイトハウスに侵入するんですけど、たまたまアビ(ベンの彼女)にホワイトハウスに知り合いがいて大統領室に入れてもらいますw偶然知り合いがいるのもおかしいし、部外者大統領室に入れれないでしょw

この映画は150年前の昔話から始まるんですけど、セットが豪華ですげえと思いました。でも現代の話になると急に映像がしょぼくなって残念でした。でも最後の遺跡は結構しっかり作ってます。ただ、最後遺跡に大量の水が浸入するんですが、それが今あるか分からないんですがスパワールド(大阪のプール&温泉施設)の遺跡ゾーンみたいなのに見えて集中できなかった!ちゃちい

あとちょっと嫌だったのが、最後一緒に探検してたうちの1人が死にそうになるんです。そのときに主人公はみんなで脱出するんだと言うんで、てっきりその人は助かるんだと思いました。だけど助けられずに死にます。僕はそれに後味悪く感じました。そこはもう娯楽映画やし、助かる方向でいこうぜと思いました。その後に、死んだ人の名前も遺跡の発見者として名前を残してくれと言うんですが、それがやりたかっただけですよ。

最後に言いたいんですが、吹き替えの主人公のおじいちゃんの声が若すぎます!