世界平和ってのがあるらしい。

Twitter  https://twitter.com/njamena1

イット・フォローズ

TSUTAYAで準新作が100円で、“それ”は ずっとずっと 憑いてくる。というキャッチコピーが気になったので借りました。

19歳のジェイは男と一夜をともにするが、その後、男が豹変。縛り付けられたジェイは「“それ”に殺される前に誰かにうつせ」と命令される。
“それ”は人にうつすことができる。
“それ”はうつされた者にしか見えない。
“それ”はゆっくりと歩いて近づいてくる。
“それ”はうつした相手が死んだら自分に戻ってくる。
そして、“それ”に捕まったら必ず死が待っている。
果たしてジェイは、いつ、どこで現れるかわからない“それ”の恐怖から逃げきることが出来るのか―。Amazon引用

☆2です。

発想は面白いです。タランティーノ監督も設定を褒めてましたけど、でもそれだけでした。そもそも、ホラー映画なのに全然怖くないんです。まず、怖がらそうとすらしてない。後半はひどいですよ。恐怖でおかしくなっていく人間を描きたかっただけで、怖がらそうと思ってないのかなあ。それでも、全然描けてないので、駄目ですけど。

でも、化け物が初めて登場するシーンは怖かったんですよ!初めは遠くにいて、ゆっくりゆっくり主人公に向かって近づいてくる。でも主人公は、ある事情があって、縛られて逃げられない。これは面白い映画になるんじゃないかと期待しました。でも、途中から全然、怖くないです。

これが一番面白くなくなった要因なんですが、注意さえ払ってたら余裕で逃げられるんで捕まる事はないんですよw

開始3分ぐらいで死んだ女と、もう一人男が死ぬんですけど、2人しか死なないです。そりゃそうですよ。1時間以上主人公を追ってるのに全然捕まりませんから。車で逃げてるのに向こう徒歩ですからねw逃げた後には普通に昼寝してますから。

この化け物がね、ゆっくり近づいてきて、ずっと映ってるので、途中から人間にしか見えなくなるですよ。だから全然怖くない。例えば幽霊モノの映画やと、たぶん幽霊ってそんな登場しないですよね。幽霊がずっと映ってたら、あっこれ誰かが演じてるんやなと思いますよ。

よくよく考えたら、SEXしたらうつるっていうルールが意味不明です。完全に性病じゃないっすか。なぜSEXしたらうつるようになったのか説明がほしいです。あと、なぜこの化け物が生まれたのかも。

その他気になったとこ
・うつされた人にしか化け物は見えない。でも、うつされてなくても触れる。それが意味が分からなかった。
・ジェイを襲うときは、髪をつかんだだけだったから逃げれた。でもグレッグの時はいきなり飛びかかった。その差はなんなんでしょう。
・家のアップを映してて、カメラが引いたら屋根に船で逆ナンしてSEXした男が化け物になって裸で立ってたけど、それは怖がらそうとしてるの?笑わそうとしてるの?
・化け物とのSEXシーンはいらなかった。そこで急にB級映画感が出てしまった。