読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『進撃の巨人』1巻を読んだ感想

ブックオフで100円でGETして、風呂に入りながら読みました!お湯で、ふやけたら1、5倍ぐらいに膨らむんですよ。もう売れないっすね~。

 

巨人が支配する世界で、人々は壁を築き、100年間平和を築いてたんですが、壁を超えるめちゃくちゃ大きい巨人に壁を壊されてしまったという話です。

現実ではありえない設定なんですが、ファンタジーな話をリアルにしようと努力してるのは伝わります。例えば、立体起動装置という、腰から鉄線を発射して、それを巻き取って高速移動する機械があるんですけど、その機械の仕組みまで書いてます。軸が2つあり、独立して回転し・・・ガスで圧縮しファンが回り・・・みたいなことまで書いてあります。あと、政治があったり、兵士も壁を直す係、連絡係、民を統治する係などがあったり、結構リアルです。

でも、せっかくリアルにするなら、徹底的に追求して欲しいです。対人格闘成績というのがあるんですが、なぜか1位は女です。他の漫画でもこういうの多いっすよね。そんなに女が強いのがいいんやったら、それでもいいけど、じゃあ、説明してください。現実では、女は弱いけど、この漫画ではこうこうこういう理由があって女が強いんだ、と。例えば、この世界ではカマキリと一緒で、メスの方が体がでかいとか、そういう、納得できる理由をちゃんと付けましょう。

構成については、1巻を分解すると平和→壁が壊れ混乱→平和→壁が壊れ混乱という流れで、同じ展開なんですよ。平和→壁が壊れ混乱→平和ならまだわかるんですけど、混乱2回はいらないです。平和を半分ぐらいまで引っ張って、後は混乱でいいじゃないですか。

めっちゃ嫌いなんじゃないかと、思われそうですが、最後まで読みましたし、2巻も気になってます。

好きなところは、この作品の主人公は巨人なんですかね?その巨人の強さと不気味さが普通に怖いです。この巨人の魅力でここまで売れたんすかね。2巻以降に望む事は、巨人の強さのインフレ・デフレを起こさないで欲しいなと思います。

1巻では訓練兵の成績上位10名の内、1人しか戦ってないんです。主人公のエレンは、頭の神経が1本切れてるのか、躊躇なく巨人に立ち向かうんですが、他は、まだ実力未知数です。だから2巻目から戦うんかなあ。まだ、1人も巨人死んでないですし、2巻目が楽しみです。結構ネタバレしましたけど、ハマる人いると思うんで読んでみてください。