世界平和ってのがあるらしい。

Twitter  https://twitter.com/njamena1

自分を救うということは、1人の人間を救うということ。

僕は人間を救いたいと思っている。でも誰かを救うのはなかなか難しいなと思う。1番身近な人間を救うのが1番達成しやすい。1番身近な人間とは自分のこと。

 

僕は悩みを考えないようにした。悩みのない人間は救われたようなもんなんじゃないかと思う。例えば他人のことを考えすぎて、自分が苦しいとする。そしたら他人の為に生きるのをやめてみる。そしたら他人は苦しむかもしれない。ただ確実に自分は救われる。自分も1人の人間ということを忘れてはいけないと思う。

 

例えばいじめられてるとする。そしたら学校や職場をやめてみる。最悪生活保護で生きられるから。でもその生活保護で貰うお金は誰かが働いたお金だ。それを貰っている。そのあげる人は辛いかもしれない。ただその人1人から貰うわけじゃなく分配してるから多少は楽だと思う。そしてその生活保護を貰える自分は確実に救われている。いじめから逃れられるから。じゃあ確実に救える自分を救うのが1番先決なんじゃないかと思う。

 

 

僕以外の人は僕の想像で作り出してる。

最近、自分以外の人は僕の頭の中の想像で生み出した幻のように思える。たぶん独我論


ならなぜ幻を生んでいるか。僕が成長する為に色々なことが起こっているからだと思う。なぜ成長させたいかはわからんけど。


僕がガンジー小栗旬を生み出している。やとすると僕の想像力はすごいなと思う。


僕が色々なことを知っても、無から有を得てるというよりは、自分に返ってきてるだけやと思う。


このブログにコメントが来ても僕が生み出したもの、僕が生み出したコメントに見えてしまう。


ただ1番心配なんはこの世界が本当に存在してたとき。そうなると人は僕のことを危ない奴に思うやろうなw

食べ放題店の悪いところ。

僕は食べ放題に行くと、注文しすぎてしまう。それでお腹いっぱいまで食べてしまう。お腹いっぱいまで食べると満足感は薄れると思う。だんだんお腹が気持ち悪くなってくるから。

 

食べ放題は残った食べ物は捨てる。バイキング形式だったらトレーの余りは捨てるやろうし、注文形式やと客は多めに頼むことも多くて、残す人も多い。注文形式で適正な量を頼むのは難しいから。そう考えると食べ物を捨てるんですごくもったいない。

 

行く前とか食べてる途中は確かに楽しい。値段を気にせず注文できるから。ただ最後はいつもテンションが下がってる。残すのはもったいないと思って食べ過ぎてしまうから。やっぱり食べ放題はもったいないので、ない方がいいと思う。

いじめを無くすにはみんなが声を上げないといけない。

いじめを無くすには、クラスの中でいじめに反対する人が増えれば増えるほどいじめは減る。


けやき坂46サイレントマジョリティという曲がある。その歌詞で、

どこかの国の大統領が言っていた。声を上げない者たちは賛成していると。という歌詞はなかなかいいと思う。


もちろんこの歌詞はクラスの子ども達だけじゃなくて、全世界の人達も声を上げなければいけないと言っています。


例えば保護者とか先生とか教育委員会とか警察とかみんながいじめに関心を持てば減らせるはずです。


僕も声を上げます。一緒に頑張りましょう。


いじめっ子と仲良くなる。

いじめる側はほとんどいじめているという感覚を持っていないと西村博之

「いじめっ子」を探しても見つからない理由。 : ひろゆき@オープンSNS

)とか松本人志(共著島田紳助松本人志 哲学p129)が言っていた。確かにそうかもしれんなと思った。いじめられっ子はいじめてる奴らを許せれば心が軽くなると個人的には思う(ただ現在いじめられてるならいじめを解決するのが先決)。ずっと恨み続けるのはしんどかったりする。いじめてる自覚のない奴らを恨むのは当たり前なんやけど、見方を変えれば少し滑稽というかおかしな気もする。罪を憎んで人を憎まずというか。

 

僕もいじめられてたが高校3年生ぐらいになるといじめられなくなった。いじめっ子が僕に情が沸いたからだと思っている。いじめられつつもよく喋ったりはしてたんでいじめるのがかわいそうになったのかもしれない。學校には色んな人がいる。いじめっ子とも仲良くなれたら本当に素晴らしいことだと思う。

 

 

 

 

 

いじめを無くす為には子どもに負けるわけにはいかない。

いじめてる奴は見た目がいかつい奴も多い。生徒が怖くていじめを見て見ぬふりする先生はたくさんいるだろう。やる気のない先生でいじめを見て見ぬふりする奴もいる。いじめられてる生徒は担任の先生にしか相談しないんじゃないかと思う(本当は先生だけじゃなくて親とか警察とか教育委員会とか裁判所とか教会とかネットとか友達とかその辺歩いてる大人とか色々な人に話してほしい)。で担任の先生にしか助けを求めない生徒は担任の先生がどうしようもない先生だったら本当にその生徒はかわいそうだ。 

 

子どもは守ってあげないといけないから子どもなんだから、大人が子どものいじめがないか見るシステムを作り、やる気のない先生や、いじめを見抜けない先生は辞職するべきです。いじめは暴行罪とか侮辱罪とか色々な犯罪ということを世の中の全ての人は知ろう。大人がしっかりして子どもに負けてはいけない。大人の方が賢いんだから子どもが起こしたいじめは絶対に無くせる。

子どもに「いっぱい食べて大きくなれよ!」という教育。

 親は子どもに健康に育ってほしい。すごくわかる。この教育にケチを付けるわけではないけれど、こういう考え方もあることを知ってほしい。世界の飢餓は食料配分がすごく重要らしい。NHKによると8億4千万人が飢餓に苦しんでる。その一方で世界の16億人が太りすぎてる。

 

食べ物の消費を抑えれば貧困国に食料がいくかもしれない。あとスポーツの話に変わるが、スポーツをするとお腹が減る。それで食べ物の消費が多くなる。すると貧困国にいく食べ物が日本に流れてくる。部活動とかを否定するつもりはないけれど、こういう考え方もあるということを教育で子どもたちに教えてほしい。色々な面から物事を見れるようになりたい。